スタッフブログ/栃木県宇都宮市のデザイン住宅

栃木のデザイン住宅 巣箱の家 その5

0

    我が家のウッドデッキです。
    休日などには、デッキに置いた椅子に腰掛けて、のんびりです。
    のんびりする、ひとときの三点セットは……
    「コーヒー」と「煙草」と「建築雑誌」!二時間は、座っています。山を見ながら一服!鳥のさえずりを聞きながら、建築雑誌を見る!
    私にとっての至福の時間なのです。(^_^)
    ところが、どころがですよ!この、私の至福の空間が、現在、危機的状況にありまして(^_^;)
    ウッドデッキが、腐ってきてまして(^_^;)、先日も、一部の床が抜けました(^_^;)
    そろそろ新設しないと……!
    (T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)


    PS:さすがに、ETC割引初日です。マロニエのフェアは、人がまばら!

    皆さん!来てくださーい!(T_T)

    まってまーす\(^-^)/



    (^O^)/~~ see you !

    栃木のデザイン住宅 巣箱の家 その4

    0

        我が家の庭の風景です。庭というより山! (^_^;)
      隣地塀がありませんから、山と地続き、まさに、錯覚!我が家の敷地が曖昧となり、「無限に広がる我が家の敷地」
      実は地元で農業を営んでいる、私の同級生の山です。

      リビングからの眺めは、完璧なる別荘状態!
      山鳩や小鳥たちがさえずります。うぐいすのなく声で目を覚まし、ふくろうの声で夜の静けさを感じる(^_^)v どうですか〜(^_^)

      ただ、夏になると、庭先をベビがニョロニョロなんです。ニョロニョロ!ニョロニョロ!(^_^;)

      しかし、こうして、田舎で生活していると、もう都会での生活は出来ません。
      ま!こんな環境は、若い人たちにとっては、退屈だとはおもいますが…(^_^;

      しかし、人目を気にすることなく、レースのカーテンをしない生活って………!
      最高ですよ〜〜〜〜! ホントに(^O^)/


      デザイン住宅というのは、実は、家の形をデザインすることではありましぇん! その本質は、施主の五感を刺激し、その住まい方を提案することにあるのですよ〜〜ん(^_^)

      PS:明日からの2日間、マロニエプラザにて、東京電力とパナソニックが主催する「オール電化住宅体験フェア」が開催されます。マスケンもビルダー会員として参加します。マスケンブースに是非ともお立ち寄り下さい。 ちょっと太めの坂本くんが、皆様を笑顔でお迎えいたします。よろしくお願いいたします。(⌒‐⌒)ブヒブヒ……ブヒーーー!

      また、引き続き、上三川のしらさぎにて、販売・内覧会も開催しております。こちらの方も、よろしくお願いしますd=(^o^)=b




      (^O^)/~~ see you !

      栃木のデザイン住宅 巣箱の家 その3

      0


        我が家の軒先にある、エコロジーハウスです。
        実は、愛犬パンの犬小屋でして……(^_^;)
        8年前に、娘と一緒に作りました。
        タンスを改造して作ったものですが…!
        実は、なかなかのすぐれものなのですよ (^_^)v

        犬小屋の床、壁には、厚さ20mmほどの ウレタンフォームで内断熱。
        そして、屋根は、今!流行の屋上緑化をしているのです(^_^)
        夏暑いと、わんこがかわいそうだということで、娘と二人で頑張ってつくったのです。「ぱん」と書いてある、犬小屋のプレートは、娘が一人でつくり、掛けました(^_^)v
        この犬小屋!春はいいですよ(^_^)v
        屋根の上に、タンポポや三色すみれが咲きます。
        ただし、夏が大変!屋根の上の草花を枯らせないために、犬小屋に水をやらねばならないのです。(^_^;)
        エコロジー犬小屋は、なかなか、手がかかるのです。



        ただし、これも、完全に私たち親子の自己満足の作品でした。
        なぜなら、内断熱をしても屋上緑化をしても、犬の出入り口が大きく開いているために、断熱性能は……?です。つまり、Q値は絶望的(T_T)
        加えて、扉の無い、出入り口があるということは、当然、すき間だらけですから、C値もだめ!
        高気密高断熱には、なーりましぇーん(T_T)
        ただ、娘と二人でつくった思い出だけは、高気密高断熱です(^_^)v
        ナンチャッテ!(またまた、古い言い方!)(T_T)か?

        PS:Y様へ
        「本日は、打合わせ時に、うちの長谷川が、ケーキをご馳走になり、ありがとうございました(^_^)v



        (^O^)/~~ see you !

        栃木のデザイン住宅 巣箱の家 その2

        0

          添付写真は、我が家の玄関に至るまでのアプローチである。
          私自身の施工である。(^_^;)
          施工日数5日間。玉石を積むための、生コンもすべて自分で用意(^_^;) 慣れない作業のためヘトヘトになりました。
          玉石は、実家の隅に山のように積まれたものがありまして(^_^;)、予算削減を考え、仕方なく使用!

          アプローチまわりに配した、植栽もすべて、実家からもらい受けました。そんな作業を毎日しておりましたので、その噂が、母方の祖父にまで伝わり、母の実家からも、何本かの植木をわけでもらうことに……(^_^;)

          なんとか、格好がとれるまでになりました(^_^)v

          しかし、建築の仕事をしていると言っても、私し、設計屋でして(^_^;)
          11年も経つと、素人仕事だったことがバレバレ!
          現在、エジプトのピラミッド状態! 崩れかかっております。妻からも早く直すように言われていますが……! (T_T)

          でも、添付写真でみる限りは、なかなか自然な感じでいいでしょう(^_^) 自己満足!

          ま!評価は別れることと思いますが、自分では、結構、気に入っております。

          また、我が家には、門扉もなければ、隣地塀もありません。
          なぜ?土地に対する執着というか、縄張り意識というか…… 私自身が、まったくないからなのです。
          もともと、この地球上の土地なんて、誰のものでもなかったはず!地球に暮らす動植物みんなの共有財産だったはずです。
          ところが、いつしか、そこに、縄を張って個人のものにしてしまいました。 おかしい(>_<)
          よって、敷地に隣地塀のような柵を設けることをしませんでした。(^_^)
          しかも、隣地塀を設けないことで、我が家のある敷地境界線が曖昧になって、なんとなく広く思えたりして………(^_^)
          広い土地を買えない貧乏人の知恵です。
          自分自身をだますのは、結構面白い!


          PS:家づくりをする場合、すべてを建設業者にまかせるのは、つまらないですよ。(^_^)
          せめて、庭づくりくらいは、ご家族の手でやってみては……!
          ちなみに、私し!庭はつくりましたが……
          その後、まったく手入れはしていません(T_T)
          すべて、妻が………(^_^;)



          (^O^)/~~ see you !

          栃木のデザイン住宅 巣箱の家 その1

          0

            本日より、栃木のデザイン住宅と称して、全12回にわたり自邸の紹介をします。
            まずは、そのコンセプトと外観からなり〜(^_^)

            20年近く住んだ横浜から家族4人で私の出身地である栃木県へ引っ越してきたのが11年前です。
            近くにスーパーも無く、コンビニすら無く、夜は、真っ暗!(^_^;) 家族にとっては、タイムスリップしたように感じられた引っ越しだったことでしょう(T_T)
            私自身も20年ぶりの地元での生活でしたから、結構(T_T)(T_T)です。いまだに、道がわからないし……(^_^;) ハハハハ……!

            引っ越しとなり、実家に住むかor別に家を建てるか でしたが…… 実家近くの山の上の分譲地に小さな家を建てました。その名も「巣箱の家」!です。息子が小学生4年生、娘が小学1年生の時でした。二人とも友達との別れを悲しみました(T_T) そして妻も………!

            ただ、この家を建てるにあたり、この家に子供たちを縛るつもりもなく、できれば、広い視野をもって、この小さな24坪の家から、巣だって行ってほしいとの願いを込めて、家の設計をした次第であります。
            添付した写真!どうですか? 巣箱に見えます?
            後日紹介しますが、子供たちの部屋も狭いです。3帖半です。
            子供部屋を広くして、快適にすれば、家に根を張り自立しなくなると考え、小さく小さくしました。
            机とベッドでおしまいです。後に余りの狭さに、子供たちから苦情の嵐。仕方なく、ロフトを子供と一緒に作るはめになりましたが…(^_^)

            しかし、「環境は人をつくる!」といいますが…(^_^;)
            現在、息子が相模原に一人暮らし。4月には、大学四年生。おそらく、東京の会社に就職でしょう(^_^)v ム……!しかし、就職先が見つからない可能性も……(^_^;)
            そして、娘は、町田に今月末に引っ越しです。やはり、一人暮らしです。4月から大学1年生。ちょっと心配(^_^;)
            娘もおそらく、かえって来ないでしょう(T_T)

            我が家「巣箱の家」から巣だったヒナドリたちを、私は信じるだけです。心も体も更に強くなって、自分たちで「新しい巣」をつくってくれることを祈っています。


            ただし、そのまえに、 いいツガイになる人をさがしてもらわねば………(^_^)v
            でも、二人とも、まだ学生やん!まだまだ早いし、私もおじいちゃんには、まだ、まだ、まだ、まだ、なりたくない(>_<)のであーる(^_^)

            PS:小さな小さな「巣箱の家」には、もうひとつの秘密が……(T_T)

            その頃の私に、大きな家を建てるだけのお金がなかったのだ………(T_T)(T_T)(T_T)



            (^O^)/~~ see you !


            Calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << March 2019 >>

            Selected entries

            Archives

            Recent comment

            Search this site.

            Others


            このページのトップへ

            Copyright© Masuken. Allrights reserved.